Opening Hours:Monday To Saturday - 8am To 9pm

子供の持ち物に名前シールをつけよう

名刺を渡すときのマナー

名刺というのは、営業マンにとっては絶対に欠かすことのできないものです。
自分の事を知ってもらうためにも、必ず渡すようにしなくてはなりません。
しかし、ただ渡せばいいというものでもありませんので、渡すときには失礼のないように渡す必要があります。
それでは、どのようにして名刺を渡せば失礼がないのでしょうか。
もしも相手の会社に訪問したり、お客様のお宅に訪問をするのであれば、自分から渡す必要があります。
そうすることによって、自分の自己紹介のような形になるといえます。
確かに、相手がだれかもわからないのに、商談の話を進められても困りものです。
ですのできちんと自分を紹介するためにも、名刺は自分から出す必要があるのです。
そして次に、テーブルを挟んで名刺を渡すのではなく、相手のもとまで行き、立って名刺交換をするのがいいでしょう。
そうすることによって、相手に丁寧な印象を与えることが出きるといえます。
もちろんその時には、相手に読める向きにして両手で渡す必要があります。
他にも名刺を渡すときにはいろんなマナーがありますが、最低限のマナーは守って渡したいものです。
商談の前に相手を不機嫌にさせることのないように気をつけなくてはなりません。