Opening Hours:Monday To Saturday - 8am To 9pm

子供の持ち物に名前シールをつけよう

名前シールは手書きと印刷を使い分けて

学校の新学期には、教科書などの新しい持ち物が増えるので、
それぞれに名前をつけておく必要が出てきますよね。
そんなとき、私の家では、
何も書いていないシールに一枚一枚ペンで名前を手書きする方法と、
シールに名前を印刷する機械を使う方法を使い分けています。
以前は、手書きする方法だけだったんですが、
名前をつけなくてはいけないものが多ければ多いほど、
同じ作業の繰り返しで、気が重くなってしまっていました。
なので、少しでも名前つけを楽にしようと、機械も使い始めたんです。
機械の強みは、同じ内容のシールを一括でたくさん印刷できる点ですね。
操作も簡単で、キーボードで名前を入力したら、枚数を指定して印刷ボタンを押すだけ。
あとは、出てきた名前シールを持ちものに貼りつけていくだけなので、
手書きする方法に比べて格段に速く名前つけが終わります。
ただ、名前をつけるものの量がそんなに多くないときには、
機械を引っ張り出してくるよりも、
ペンで手書きした方が速いので、そうしています。